本文へジャンプ
   

   
   
   
1.日本母子看護学会学術集会の開催

 第 1回 学術集会長:齋藤 益子(東邦大学医学部看護学科)平成19年8月 4日
 第 2回 学術集会長:加藤 尚美(日本助産師会)        平成20年8月 2日
 第 3回 学術集会長:福島富士子(国立保健医療科学院)   平成21年6月 7日
 第 4回 学術集会長:齋藤 益子(東邦大学医学部看護学科)平成22年6月26日
   (本会は研究会を含め通算10回目となる節目の記念学術集会となります)
   (以降、学術集会は第11回学術集会開催と改めていきます)
 第11回 学術集会長:平田 伸子(九州大学大学院医学研究院)平成23年7月9
 第12回 学術集会長:米山 万里枝(東京医療保健大学)   平成24年7月7日
 第13回 学術集会長:齋藤 益子(東邦大学看護学部)     平成25年7月5日
 第14回 学術集会長:加藤 尚美(日本赤十字秋田看護大学)平成26年7月11〜12日
 第15回 学術集会長:石川 紀子(総合母子保健センター愛育病院)平成27年7月3日

2.理事会・総会の開催

理事会 (年3回)
  5月  8月  2月
総会 (年1回) 学術集会時

3.広報活動の強化
学会入会案内及び学術集会に関する広報
賛助会員の拡大
ホームページの開設と内容の充実

4.学会誌の発行(年2回)
学術集会時及び8月

5.会員間の親睦及び情報交換

6.その他
社会貢献としての地域支援活動
小・中・高校での性教育支援

Raffaello Santi
(1483 - 1520)

Madonna del Granduca (1505)
「大公の聖母」
   日本母子看護学会
 
   
    2009 Japan Maternal and Infant Caring Association All right reserved